2017年02月27日

42歳、パソコン音痴のおっさんが独学でJavaを勉強中 〜 入門レベルは卒業

Javaの勉強をはじめました。いままでの経過です。

Javaの絵本を読みはじめたものの、第四章のクラスの基礎あたりから、だんだんわからなくなっていく。
・この本では説明が足りないため、初心者向けのJavaのウェブサイトを読む。知識は多少ついたものの、もやもやは解消できない。
・分厚い本であればきちんと解説されているはずだと思い、独習Javaを買って読みはじめたものの、いきなり知らない言葉がでてきて、そこでストップ。
やさしいJava入門を買って読みはじめる。この本のおかげで、だいたい理解。ただ、講義風なので、復習するときに不便。
Javaの絵本はうまくまとまっているので、復習のために、あわせて読む。知識が整理できる。

というわけで、手元の本にあるサンプルプログラムくらいであれば読み書きできるようになりました。
何をもって入門レベルなのかわかりませんが、このくらいであれば入門レベルは卒業かな、と。

で、つぎの本を買い足しました。

スラスラわかるJava
帯に「ほかの入門書よりも習得できるレベルが高い」のようなことがあったので、復習をかねて購入。

やさしいJava 活用編
目次を見た感じ、入門書にはない項目ばかりだったので購入。現在、未読。

この先は――。

・サンプルプログラムを、より、すらすら書けるようになるため、サンプルプログラムを書く練習をする
やさしいJava入門の先を読み進める。
・復習、知識の整理という意味で、あわせてスラスラわかるJavaや、Javaの絵本を読む。

これが終われば、やさしいJava 活用編を読みながら、何かつくってみようかな、と。

posted by pugu at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ・Javaの勉強
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック