2017年04月23日

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン(VNS-L22)を購入

数年前、運営サイトの「レスポンシブWebデザインへの切り替え」、要は「スマホ対応」をさせる際の確認で、2台のスマホを買いました。

そのうち、Huawei Ascend HW-01Eのほうはまだまだ動きますし、バッテリーを変えたので電池のもちも復活しましたが、富士通のARROWS Me F-11Dのほうは酷い。
firefoxを起動させるのでさえ、数分かかるような状態に…。

HW-01E、F-11Dは、同価格帯。
中国メーカーに負けてるような気が…。

で、今年、『基本にカエル英語の本』の10周年記念、年内にはシリーズ10万部記念になる予定なので、スマホアプリをつくろうと思い、JAVAを勉強しはじめました。
そろそろアプリをつくれそうな感じなので、動作確認で新しいスマホを買おうかな、と。

というわけで、先日、Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン(VNS-L22)を買いました。
注文した翌日には到着。
はやいですねー

で、Huawei Ascend HW-01Eと並べてみました。
画面は大きくて、薄いです。
バッテリーを交換できなくなった分、薄くなったのですかね。

P1670112m.jpg

そして、起動。
試しにネットサーフィンしてみましたが、スゴイ!
サクサク動きます。
「中国製は安かろう、かなり悪かろう」と思っていましたが、「安かろう、そこそこ良かろう」になったのかも、と思ってしまいました。

いずれにしても、レスポンシブwebデザインの画面確認、アプリの動作確認だけではなくて、プログラムを書くときやたら検索するようになったので、このスマホ、出先でも活躍しそうです。

ちなみに、F11Dに使っていたSIMカードをさすことにしましたが、モバイルoneのmicroSIMだったので、それをnanoSIMに替える必要がありました。
面倒だと嫌だな、と思っていましたが、「nanoSIMを追加→届いて動作確認したあとmicroSIMを解約(ウェブで解約手続きをして、microSIMを返送)」という手順で、かんたんでした。
そういえば、SMS対応のカードに替えたときも同じ手順だったな、と。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック