2018年09月07日

【10年ぶりのノウハウ日記を開始!】10年ぶりの仕事。我ながら自由すぎる生活だな 笑

思い返せば、2008年からですねー
いろいろあったのは。
10年の空白、何をやってたのか?

まずは…。
脳が思い出すのを拒否してるから思い出せない 笑

その後は自由になりすぎて、昼に起床、2日に1回は新宿の朝日をあびてからの帰宅でした。
このころの血液はきっとアルコールだったにちがいありません 笑
そして、一年間だけ沼津に移住。あちこちの観光地をめぐって、ようやくアルコールが抜けました 笑
それからは、ほぼ365日、観光地か遊び場をめぐっていましたねー

「酒」
「観光地や遊び場」
「××」 笑
「×××」 笑

この10年、わたしの人生からこれらを引くとほとんど何も残りません 笑

で、その間、本を書いたり、ウェブサイトを手直ししたりはしていましたし、そういう生活も、ね。仕事だったんですよ 笑
でも、まあ、ね 笑

会ったひとたちが、ビックになっていく…

出版セミナー主催の、あのお方。
出版社をいくつか立ち上げたようで。
すげー

結局、別の出版社から出しましたが、とある編集者に企画を企画会議に出していただいたことがあります。
その編集者、いつの間にか独立して社長に。
すげー

セミナーでは「駆け出し」でしたが、すこし時間が経てば、テレビ出演多数に。実際にテレビで見ました。
「あのひとやん!」ってなりましたよ 笑
すげー

マスメディア系のかたと飲んだとき、とある芸人が来ましたし当時から有名でしたが、飲みの席でも「このネタで本を出したい」と言っていました。それがベストセラーに。
すげー

飲み友達が「とある芸人を呼ぶ?」と聞いてきましたが、呼ぶだけのネタがないなー、と断りました。すこししたら、その芸人、めちゃくちゃブレイク。
強引にでも招待して、握手しておくんだった 笑
すげー

こういう話、キリがないです。
みなさん、「より」ビックになっていくんですよねー
このころから次第に「わたし、何やってるんだろ…」が生まれ始めました。

まずはJavaの勉強がてらアプリの制作

そして、去年。
ようやく、すこしですが、まとまった時間ができたので、Javaを勉強してアプリをつくりました。
※その間、twitterに多大な時間を盗まれていましたけどね 笑

つぎに、本を売るためだけに数学の計算のプログラムをつくる

で、今年。
さらに時間ができたので、まずは数学の練習問題をつくりました。
収益はほぼないですが、「本を出させてくれた出版社への恩返し。数学の本を売ろう!」と思ってのことですが――。
つくるの、めちゃくちゃ時間がかかりました。
時給にしたら1円くらいじゃないですかね 笑

で、ついでに、それに関連するブログのツールもつくりました。
ただ、この手のツールは「1つのブログあたり1日数アクセスあればいいほう」なので、大量にブログを立ち上げないといけないのですが、そこは今、頓挫しています。
※その間にtwitterに多大な時間を盗まれていましたけどね 笑

つぎに、収益の低すぎるサイトのほぼ自動化

で、つぎにものすごーく時間はとられるのに収益がものすごーく低いサイトをJavaでほぼ自動作成しようと目指しました。自動になれば時間単価は気にならなくなりますからね。
※その間にtwitterに多大な時間を盗まれていましたけどね 笑

それが、「日本が大好き!」をはじめとする国内旅行サイト。

もう忘れてしまいましたが、2005年くらいまでですかねー
旅行サイトって、ものすごく儲かっていたんですよ。
報酬体系は「無料会員登録で500円」とかでしたし、競合もたいしたことありませんでしたしね。
※わたしではありませんが、海外を含む旅行サイトで、確か月ウン百万円稼いでいるひともいたくらいです。

ただ、報酬体系が変わって、加えて競争も激化。
Googleも旅行会社のHPだけを上位表示するようになって、「大多数のひとたちの収益は激減、ごく一部だけが勝ち抜いて独占」になったのではないでしょうか。想像ですけど。

で、わたしは、収益は激減したものの、あちこちの観光地や遊び場に行っていたので、写真がたまるわ、たまる。これらを記事にすると、2か月はかかるのではないか、のレベルにたまっていきました。
そこで、「ほぼ自動化」で手間を省こうとしたわけです。

ただ、時間をかけられないので、自動化といっても手で書く部分も多いです。
たとえば大宮公園
写真のフォルダをつくっておいて、CSVの情報をページにちりばめて、サムネイルをつくるだけです。
写真のフォルダつくり、CSVの入力は手でやります。
※「だけ」とありますが、結構、時間を食いましたし、ただいま、改良中です。

レポートの文章は「時間をかければ自動と思われない自動」もできますが、先ほどの理由で手で書いています。

現在の状況

2008年くらいまでですかね。
わたしはサイトの「質」こそが大切と説いていましたが、バカにされていました 笑
プログラムで「量」をつくっているひとたちが荒稼ぎしていましたからね。

で、空白の10年を経て、今。
すこし調べたところ、「質」がとても大切のようです。
具体的には、検索するとよくわかりますが、「目次→長文」のタイプの記事がいいようです(ネットはノウハウを隠せません)。
昔なら「ライターから安く記事を買っているんだろうな」でしたが、それ、10年前ですからね。
おそらく、つぎの流れになっているでしょう。

・上位表示している記事の文章をツールでコピー。
・ツールで文章を書き換えて、まるで人の手で書いたような新たな文章に変換。
・大量にリンクをかけたて上位表示させる。

なぜこのように言えるのかって?
10年前、わたしがやろうと思っていたことだからです 笑
10年という時間、人材がいれば、かなりの精度のツールができていることでしょう。たぶん。

今後の方針

だからこそ、やはり「質」にこだわるべきだと思います。
そのうちAIが実用レベルになると「量」はますます淘汰されてしまいますし(現在、GoogleはAIを導入してるって記事を読んだことがあります。その真偽はわかりませんが)。

しかし、わたしはまずは「プログラムによる量」を目指しています。
時代に逆行ですね 笑
その狙いは「量からの質」「検索に頼らない集客」ですが、長くなったので、また次回。

ちなみに、こういう日記を書かないと続かない自由なやつなので(笑)、めちゃくちゃ稼げるまでは日記を続けます。

…もうすぐ44歳。
年齢がわたしを突き動かしています。
50歳まであと6年しかありません。それまでに「億」を目指すぞ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック