2018年09月07日

ネットでは、思想を奪われた「ゾンビ」がひとびとを襲っている!

先日、ツイッターに「これがネットナンパ師の最新の手法かもしれない」と書きました。
アホらしいので、すぐにぜんぶ削除しましたが、かんたんに言えば「ちょっと残念な女性に、甘言を囁き、さも味方のふりをして近づく」です。
事前に仕掛けを施していれば、あと、ターゲット選定、集客をうまくすれば成功する
ようですねー
※昔からある手法をtwitterなどのSNSに適応しただけのものです。確率論でひっかかるらしいです。

これ、騙すやつが悪い?
それとも、騙されるやつがアホなだけ?

ほかにも「子どもの声は騒音かどうか」みたいな如何にも炎上しやすいネタに、ちょっといろいろと残念なひとたちが好みそうな意見をツイート、そしてお小遣い稼ぎ系でしたっけ、何かのアフィリエイトに誘導しているアカウントも見ました。

これ、騙すやつが悪い?
それとも、騙されるやつがアホなだけ?

ほかにも、いろいろな場面でこういう手法が使われているようです。
なかには、本格的にこれをやっている姑息な企業もあるようで。

さて、ネットナンパ師が暗躍していても、ひっかかった女性は満足、おそらく秘密を墓場まで持っていくでしょうから、何も起きない、何も変わらないのではないでしょうか。倫理的には問題があるのかもしれませんし、そんなクソみたいな女としか結婚できなかった旦那には同情しますが。
お小遣い系のアフィリエイトはよほど悪徳なところでなければ、お小遣いがもらえない、個人情報が流出するくらいで命までとられません。

しかし、厄介なのが「思想」。
ネットには「思想を染める罠」がいくつもあって、思想を奪われると「ゾンビ」と化して、ひとびとを襲うようになります。
ゾンビと化せば、誰の意見も聞けなくなります。だって耳もせんぶ腐っているわけですから。


たとえば?

少し前に「弁護士の懲戒請求事件」がありましたよね。
いろいろと残念そうな(笑)おばさんが見事に思想を奪われて、(実際のところはわかりませんが)ネットで活動していたのではないですかね。
たとえば、おそらく弁護士をかばう、数々のツイートに対して「弁護士に懲戒請求するのが筋だ!!非国民め!!」と、まるでゾンビみたいに、つぎつぎと襲いかかったことでしょう。徒党を組んでね。

その結果は、数十万円でしたっけ?
支払う羽目に陥ったみたいです。

このおばちゃん、人生のうち、ものすごーく無駄な時間を過ごして、どぶにお金を捨てたと思います。それで済んでよかったですけどね。

ほかにも、思想を奪われたゾンビ、たくさーんいますし、大体、徒党を組んでいます。

・徒党を組んで、気に食わないツイートがあればつぎつぎに襲い掛かる! 具体的には、同じことをひたすらツイート!
・もちろん反論も聞かない。壊れたラジオのように同じ論理をひたすらツイート!
・ツイートを削除するまでやめない!

これ、明らかに「いじめ」の定義に当てはまる行為なのですが、ゾンビのなかには「いじめ反対!」と声高々と訴えているものもあって、もはや吉本新喜劇です。

人間「いじめ反対って主張してるよね? いま、やってるの、明らかにいじめだぞ?」
ゾンビ「正しいことをやってるだけだぞ、うがぁー! 間違ってるやつを正してるだけだぞ、うがぁー!」
人間「いじめてるやつらも、『アイツ、×ちゃんに×したからから、みんなで無視してるだけだ!』『Lineでこんなことを書かれたんだ! だから、もう仲間に入れないんだ!』とか言うぞ?」
ゾンビ「うがぁー! うがぁー! あの弁護士の差し金か! 非国民め!!!」
人間「弁護士とか非国民とか関係ないだろ。いじめはやめろよ!!!」
ゾンビ(ブロック)

とはいえ、ゾンビとなっても、自分の生活が良くなれば、良くなる可能性があれば、まだ活動の価値はあると思いますが、実際は――。

・家族や彼氏彼女が目の前にいるのに、スマホ。
・ずっとスマホ。

家族、彼氏彼女と一緒にどこかに遊びにいったほうがよほど幸せになると思いませんか?

独りだって?
twitterで同じ趣味のひとを見つけて、仲良くなって楽しく時間を過ごすほうが有意義だと思いませんか?

え?
「誰かが主張しないと、何も変わらないって?」

あはははは…。
ゾンビに襲われて「襲ってくれてありがとう! 間違いに気がついたわ!」となると思いますか?
がぶがぶ噛まれて、痛いんですよ? 笑
「無関心→アンチへ」「アンチ→よりアンチへ」となる確率のほうが遥かに高いのではないでしょうか。

それに、ゾンビがひとびとを襲ってる姿を見て「かっこいいーーー! 俺もゾンビになるわ!」となると思います? 笑

「うわ…。おぞましい…」とドン引きされるだけで、特に無関心な層は良くて「どっちもどっちだ」、ふつうは「あ、×の思想ってヤバいわ…」になるのではないでしょうか。

どうせゾンビになるのならば「味方」を増やすことに専念したほうがいいと思うのですけどねー

(例)「子どもの声は騒音ではない。だってみんな子どもだったじゃないか!」という思想にやられてゾンビに!

(×)「子どもの声がうるさい」のツイートに対して、ヒステリックに「うぎゃー!」。結果、アンチ増加。憎しみが憎しみを呼んで「思想戦争」へ。
(〇)「子どもが泣いても仕方がないと思うんだけどねー」のツイートに対して、「そう言っていただけると本当に助かります! もし×という場面があれば一言でも×と言っていただければ幸いです!」とツイート。味方が増える。

ま、ゾンビと化せば、もはや手遅れ(まだゾンビになりたてのひとは、ひょっとしてひとに戻れるかもしれませんけどね)。
この記事を読んでも「うぎゃー」と襲い掛かってくるでしょうね 失笑

いや、
ぜんぶ腐っているのので、自分がゾンビとさえ気が付かないかもしれませんねー

実際、とある思想にやられたゾンビが「なぜ、みんなわかってくれないんだろう」みたいにツイートしてて、吹き出しそうになったことがあります 笑

「オマエ、鏡、見てみろよぉー しかも、噛みついてくるじゃん!」と、ね。

特定の「思想」に染められないようにすること。
そのためには、その思想に対して「光と闇」の部分を調べ上げること。
ものすごく大切だと思います。


で、やってはいけないのは「ゾンビと戦うこと」。
ゾンビハンターは、いずれゾンビになりますから。
しかも、仮にゾンビを壊し続けることができたとしても(成仏させるのはできないと思います。たとえるならば、ひび割れたコップ(心)なので「壊すこと」はできても「修理すること」はできないという感じですかね)、自分の生活は一向に良くなりませんから。
時間の無駄です。

ツイートを削除、場合によってはアカウントを削除して、そのまま逃げましょう。
悔しければリアルの世界で「×という思想のやつらはリアルに危ない。新興宗教みたい。捨てアカつくって引用RTで×と書いてみればわかるよ。すごいから 笑」「そんなこと言えば危険人物と同類にされるよ」と広めればいいのですよ。
誰かわからないネットの主張よりも、リアルのひとに言われたほうが、はるかに信用できるので、ゾンビたちを攻撃することにもつながります。ゾンビに噛まれることなく、ね 笑

そもそもゾンビは100%不幸、残念なひとだからゾンビになったわけですし、相手にするだけ時間の無駄だと思います、わたしは。


これ、学校で教えてほしいですね。ほんと。

ちなみに、残念なひとたちは、なぜゾンビになって襲い掛かるのか?
心理学によると、「ひとは正義を行使するとき快感を覚える」らしいです。
歪んだ思想であっても、そのひとにとっては正義。
ものすごく快感を覚えているのでしょうねー

「この血肉、うめぇーーーーーー!」って感じで 笑

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック