2018年09月10日

ネット収入をかんたんに「10倍」にする方法

ネットで大金を稼ぐのは「良心」との闘いでもあるのですねー
どういうことかって?

まずは「ジャンル」。
一例をあげると、性的なコンテンツは、ふつうのジャンルと同じことをしても収入が10倍になるらしいです。

つぎに「どこまでカモれるか」。
債務整理の弁護士などのように「いいひとぶって、とことんカモにする」ですね。

つまり、儲かる闇のジャンルで、ターゲットをとことんカモにするビジネスモデルだと大儲けできるわけです。

抽象的でわからないって?

例を1つだけあげると、「個人はもちろん、個人事業主や零細企業の社長など、借金で苦しんでいて藁をもすがるひとたちをカモにするキャッシングのアフィリエイト」ですかねー

多重債務に陥る過程なわけですから、逆からみれば、1人でいくつも「成約」できるわけです。

「稼いでいるやつらって、ここまでして稼いでいるのか…。ドン引きだわ…」

そう思いました?
わたしもそう思います 笑

2003年ごろからネットをはじめましたが「これをやれば儲かる」とはわかってはいても、ずっとできずにいたことはたくさんあります。
今後も、よほど生活が追い詰められないと、着手しないでしょうねー
良心がありますから。

ちなみに、良心の呵責に悩まされずに済むのは、ジャンルとしては次点の「株などの投資系」で、「知識を書いていく」ですかね−
投資は「知っておいたほうがいいこと」ですし、カモるわけではないので、良心の呵責に悩まされずにすみます。
それに、定期的に投資ブームがきて、ブームがくれば儲かりますしね。

それ以外には、ダイエットなど、あらゆるジャンルで上位表示させて儲けるパターンもありますが、前の記事にあるように企業がツールをつくっていると思うので、個人ではなかなか太刀打ちできないかもしれませんね。