2015年06月26日

『やりなおしの中学英語を完成させる本』が発売!

『やりなおしの中学英語を完成させる本』(江間淳、石崎秀穂、総合科学出版)ですが、本日、発売日です。
高校入試レベルの演習問題を解くことができますし、1冊で中学英語を効率的に学習できる工夫もしているので、その名の通り中学英語を「完成」させるのに最適な本になっています。
「中学英語から卒業したい」と考えているのなら買って損はないと思います。
ちなみに、本の特典ファイルをメルマガ読者限定で配布しましたが、たった1回のメルマガでの告知でもダウンロード数が70を軽く突破しました。また、amazonの「中学生の英語の新着ランキング」で1位になりました。
これも皆様のおかげです。ありがとうございます。

amazonランキングの画像

■本の詳細
『やりなおしの中学英語を完成させる本』(江間淳、石崎秀穂)

posted by pugu at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2015年03月01日

朝日新聞に広告が出ました!

先週の金曜日、朝日新聞の朝刊(先週の金曜日発売)に『基本にカエル英語の本』に広告が出ていると、版元の営業の人からメールをいただきました。
そのメールを足柄サービスエリアで見て、足柄のコンビニで朝日新聞を購入。
結構、大きな広告でビックリ!
このままシリーズ10万部までいければ、と。

DSC_0002m.jpg

ちなみに、足柄サービスエリアでは、富士山がチラッと見えました。

P1020955.jpg

posted by pugu at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2015年01月18日

執筆の打ち合わせ

執筆の打ち合わせで、マガジンハウスに行ってきました。
出版企画が通るかどうかはわかりませんが、かなり久しぶりで懐かしくて気分転換になりましたよ。

mg.jpg

これから10日間が、今執筆している本の正念場。
なんとか乗り越えたいな、と。

posted by pugu at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年11月25日

2冊の本を出版する予定

三連休、出版の打ち合わせがありました。
場所は、いつもの高田馬場駅。
待ち合わせも、いつものBIG BOX前。

1416718236420.jpg

店はいつもとは違うところでした。

1416725461100.jpg

というわけで、2冊の本を出すことになりそうです。

・1冊目:英語の本(共著)
・2冊目:著者としてというより、補助というところでしょうか。

忙しくて本を書く時間はないのですが、ひとりで、1冊書くわけではないので、なんとかいけそうな感じです。

どうでもいい話、電子書籍リーダー、便利ですねー
手放せません。

1416711718033.jpg

posted by pugu at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

どんどん勉強が「得意」になっていく101の秘訣

amazonのKDPから、『どんどん勉強が「得意」になっていく101の秘訣』(電子書籍)を販売しました。
Google playでも販売しようか悩み中です。
で、どういう本なのかというと、つぎの4つをギュッとまとめた1冊です。

・記憶術
・勉強法
・勉強のやる気を出す方法
・勉強を習慣にする方法

ついでに「スマホ、タブレット、電子書籍リーダーを勉強に活用する方法」もチラッと書いています。
というわけで「勉強をしている人すべて」にお勧めの1冊です。

1.jpg

ちなみに――。

これって、「電子書籍+自費出版」なのですが、amazonの著者セントラルのページにて、商業出版の本の中にしれっと混ざっています。
amazonだけしか利用しない人ならば、商業出版との違いがわからないですよねー
※自費出版といっても、出版にかかるコストは0円です。
※商業出版しているので著者セントラルのページを持てています。そして、しれっと自分の本ということで登録しました。

2.jpg

amazonにおいては商業出版の本と変わらないですし、案外、電子書籍の発刊も簡単だったので、興味がある人は、ぜひ、チャレンジを。
そういう人の参考になればと思い、つぎのページもつくりました。
電子書籍の作成法が書かれているサイトはあまりないですし、KDPで電子書籍を販売するまでのことが書かれているサイトはたくさんありますが情報が古くて使えないところがあっのでつくった次第です。

電子書籍を作成して、KDPで販売するまでの流れ(2014年11月時点)

posted by pugu at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年09月29日

マンガで学ぶ小学生英語ドリル

『マンガで学ぶ小学生英語ドリル』(マガジンハウス)ですが、発売して3年ほど経ちました。
ネット書店ではそこそこ売れているようですし、(発行部数の割には)中古本もすくないので、みなさんに喜んでいただいているようですが、書店で見たことがりません。
小学生向きの書棚に置いてもらうのは、たいへんなのでしょうかね。

1.jpg
※2位から10位までは画像の加工でなくしました。
上記より、すこし時間が経ってからのランキングです。

1.jpg
※2位から6位までは画像の加工でなくしました。
posted by pugu at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年09月13日

電子書籍・MyISBNは収益になるか?著書を元に考察。

■自費出版の手段
(電子書籍)Amazon Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)を利用すれば、amazonで電子書籍を販売できて、印税は70パーセント(価格設定によっては30パーセントのようです)。
(紙の本)MyISBNを利用すれば、約5000円支払う必要がありますが、amazonで紙の本を販売できて、印税は10パーセント

■文字数と印税
電子書籍の価格設定は、1万字で100円(印税30パーセント)、2万字で300円(印税70パーセント)らしいです。ふつう、紙の本は、20万字ほどあって、価格は1500円(MyISBNだと印税は10パーセント)。
※電子書籍の文字数と価格設定に関する参照:http://blog.sixapart.jp/2013-05/KDP-troubles.html

比較のために、電子書籍を紙の本にあわせます。

・電子書籍:20万字(10冊分):印税2100円(KDPの場合)
・紙の本:20万字:印税150円(MyISBNの場合)

圧倒的に電子書籍のほうが良さそうですが、実際は電子書籍だと買わない人も多いので、売れ行きは紙の本のほうがいいかもしれません。

■売れ行きと印税の予測
いずれも、amazonで販売するのですが、どの程度、売れるのでしょうか。
ロングセラーの『基本にカエル英語の本』(以下、カエル本。レベル1のみ)を元に考察してみます。
カエル本は、つぎの媒体で継続して宣伝しています。

・英文法の老舗サイト(2つ)
・その他のサイト(複数)
・1万部ほどのメールマガジン

これだけの集客力があるサイト、メルマガをつくるには、並大抵のことではありませんが、これで、どの程度売れるのでしょうか。
つぎのデータをもとに「予測」すると、現時点で年間500冊ほどだと思います(レベル1のみ)。2007年の発刊なので、およそ7年。発刊当初は今よりも売れていたと記憶しているのでそれを加味すると、今までに5000冊は売れたと思います。

順位 最後に売れてから
5万位 13時間
4万位 9時間
3万位 6時間

1万位以内(上位)のAmazonランキングは、実際の売れ行きとイメージが近いと理解できます。
順位 平均注文時間間隔
10位 5秒/冊
100位 1.5分/冊
1000位 30分/冊
1万位 7.5時間/冊
※引用:「Amazonランキングの謎を解く」服部哲弥著、http://www.kenkyuu.net/whatsnew/2011/08/book2011-08-01.html

これがもしMyISBNからの発刊だとすれば、「年間500冊×印税150円=7万5千円」、総計でも「75万円」の収入
電子書籍からの発刊だとすれば、「年間500冊×印税2100円=105万円」、総計だと「1050万円」の収入。ただ、実際は電子書籍だと買わない人が多いので、この半分もいけば大成功ですし、さらに電子書籍は10冊で計算しています。通常、2冊目は1冊目の6割くらい売れればいいほうなので、本来は「210+210×0.6+210×0.6×0.6……」などと計算しないといけませんが、計算が面倒ですし、仮定のうえに仮定を重ねても仕方がないので、この印税の1/5くらいの補正をすることにしました。その補正をすると、電子書籍からの発刊は、「年間21万円」、総計だと「210万円」の収入になります。

つまり、集客力があるサイト、メルマガがあったとしても、MyISBNだと月間5000円、電子書籍だと月間1万円程度の収入にしかならないと予測できます(20万字書くには、本を書いたことがない人だと2、3ヶ月はかかると思います)。

■収入のバリエーションとして期待はできるかもしれない
サイト、メルマガには、ふつう「広告」を入れます。
広告として、まずあるのが、アフィリエイト広告。
1つの記事(コンテンツ)に対して、アフィリエイト広告の数を増やしていっても収入は頭打ちしますし、そもそもそれほど収益にはつながらないので、アフィリエイト広告はコンテンツではない部分、すなわちSEOで稼ぎます。
googleアドセンスは、コンテンツで稼ぐので、(サイトのつくりによりますが)通常、アフィリエイト広告とgoogleアドセンスは競合しません。
また、電子書籍や紙の本は、コンテンツを読んで「続きを読みたい」という人に訴求します。だから、広告とはかぶりません。
つまり、つぎの収益はかぶらないことになります。

・アフィリエイトの広告(SEO)
・googleアドセンスの広告(コンテンツ)
・書籍、電子書籍の販売(コンテンツの続きを読みたい人)

というわけで、電子書籍・MyISBNは金額的には少ないですが、別の収益としてサイトやメルマガに組み込むのも「あり」とは思います。読者に受け入れられる電子書籍、紙の本をつくることができれば、総計で100万円くらいになると思うので、数年後には「本1冊書く労力をかけて、すなわち、2、3ヶ月、血を吐くような想いをしながら本を書いて、100万円の収入」になって、ギリギリの収益ラインになると思いますし。

ただ、これはあくまで集客力のあるサイト、メルマガを運営している場合の話です。
集客力がないサイト、メルマガですれば、つまり大多数の人がMyISBNや電子書籍を発行すると悲惨なことになるのは容易に推測できます。

■参考までに商業出版との比較
商業出版では、通常、5、6千部ほどの本を刷って書店にばら撒きます。
すなわち、全国の書店が宣伝してくれるということなので、MyISBNや電子書籍とは売れ行きがちがいます。
実際、カエルの本は、amazonでの販売数5000冊に対して、発行部数は「万」単位ですから。
また、書店に並べられる本と、誰でも出版できる本だと、前者のほうが、ブランディング力があります。
というわけで、商業出版からの出版のほうがいいのようです。
ただし、条件にもよります。出版不況で、印税率などの条件がかなり渋い出版社も多いと聞きますし。条件が渋いところから商業出版するよりも、好きに書いた電子書籍、紙の本を出したほうが満足度は高いでしょうし。

posted by pugu at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年09月04日

中学数学が9月16日に出ます!

先日予告していた「中学数学」の本ですが、9月16日に出ます。
「中学数学からやりなおしたい」という人だけではなく、「数学が苦手」な中高生の子どもがいる人、資格試験、公務員試験、昇進試験で、中学数学から勉強しないといけない人までにお勧めの一冊です。

・タイトル:0(ゼロ)からやりなおす中学数学の計算問題
・出版社:総合科学出版
・著者:石崎秀穂

ちなみに、塾講師をしていたとき、英語よりも、数学の授業のほうが人気がありました。
だから、もし「基本にカエル英語の本」などで、「わかりやすい」と思っていただけているのなら、きっと、今回の中学数学の本もそのように感じると思います。
ちなみに、「目次」にある問題を解くと、中学数学の計算問題の大半を解けるようになります。
amazonに目次が公開されているので、チャレンジしてみてくださいね。

■amazonのページ
0(ゼロ)からやりなおす中学数学の計算問題

posted by pugu at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年08月30日

「たった10語で話せる!大人のための中学英語」が全国の書店で発売!

「たった10語で話せる!大人のための中学英語」が発売されましたが、さまざまな書店にて置いていただいています。
まずは、三省堂名古屋高島屋店。
営業のかたから写真をいただきました。

image511.gif

東京駅の書店。
共著者の清宮先生から写真をもらいました。

image419.gif

買い物のついでに立ち寄った書店(川口のショッピングモール)。

image226.gif

英語のコーナーは小さかったのですが、「ゼロから始める!大人のための中学英語」も置いていただいていました。

image327.gif

「基本にカエル英語の本」もありました。

image1.gif

「たった10語で話せる!大人のための中学英語」は全国の書店で発売されているので、ぜひ、手にとって見てみてくださいね。

◆ネット書店でも購入できます。
amazonから購入:たった10語で話せる!大人のための中学英語
楽天ブックスから購入:たった10語で話せる!大人のための中学英語


posted by pugu at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年08月19日

「眺めてわかる英語の本」の中古本の価格高騰と出版

「眺めてわかる英語の本」ですが、新品が入荷されなくなり、中古本だけになっていて、その中古本もamazonにてずっと1000円台だったのですが、最近、価格が高騰しはじめたようです。

image.jpg

重版されるのが一番ですが、それを決めるのは出版社ですし、このような価格高騰は長続きしないとは思いますが、この本の代わりになる英語本を出版しようと思っています。
今度は、講義風の参考書にしたいな、と。
posted by pugu at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年08月11日

「たった10語で話せる!大人のための中学英語」の発刊予定

2014年8月27日に「たった10語で話せる!大人のための中学英語(高橋書店)」を出します。
さまざまな英語学習法の本にて「基本動詞を使いこなせれば、日常生活、海外旅行、ビジネスなど、いろいろなシーンで、自然な会話ができるようになる」といわれていますが、今回は「基本動詞を使いこなせるようにする」というコンセプトです(ただ句動詞のような難しい内容は扱いません。あくまで中学英語レベルです)。
類書との違いは、おもに、つぎの3点。

・徹底的に練習できる!身につく!
基本動詞の考え方を紹介するだけではなく、実際に使いこなせるように、さまざまなシーンにて基本動詞を使ったフレーズを紹介しています。それに、徹底的に練習できるようなつくりにしています。加えて、句動詞など難しいことを極力なくすことで、「(英単語は少し難しいものもありますが)簡単な内容でも、確実に習得できる」ようにもしています。要は、確実に前に一歩でも進めるようにしています。

・大手商社マンによるフレーズが満載!
今回は共著で、大手商社マンにフレーズをつくってもらいました。商社マンって、英語が上手ですからね。わたしが忙しくて、というのもありますが。

・かわいいイラストで(フルカラー)、ページ数が少ない!
最後まで勉強できるように、ページ数が少なくなっています。分厚いと挫折してしまいますし。あと、フルカラーで、かわいいイラストなので読むのが楽しくなるかもしれません。

というわけで、この本を読めば「鞄に財布をいれておくよ」「これ、ください」「辞書を棚にしまっておいて」のような簡単な会話ができるようになります。

たった10語で話せる!大人のための中学英語(高橋書店)

ちなみに、この本のあとに、中学数学の本も出版する予定です。
中学数学は今後も出版していきたいジャンルのひとつです。
ちなみに、今後、英語に関しては、今回のように共著か、名前を出さずに誰かの英会話の本をプロデュースしたいな、と思っています。
posted by pugu at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2014年02月08日

出版の打ち合わせ

先日、出版の打ち合わせで都内にいきました。

出版の打ち合わせ1

ちかくに、6〜7月ごろに発刊予定の別の本(英会話、共著)の出版社があって、ちょうどデザインのラフができあったとのことだったので、打ち合わせしました。

出版の打ち合わせ2

3月末までは、死ぬほど忙しいです……。

posted by pugu at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2013年06月19日

「あの国でこれがやりたい!(アルク)」に掲載

「あの国でこれがやりたい!(アルク)」という雑誌で、著書の「ゼロからはじめる!大人のための中学英語(高橋書店)」が紹介されているそうです。
書店で見かけたら、手にとって見てみてくださいね。

1.jpg

posted by pugu at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2013年05月21日

担当編集者と次回作についての打ち合わせ

昨日は、担当編集者と、次回作について打ち合わせをしました。
場所は、高田馬場駅近くのルノアール。
内容は、以下の3つの出版企画の話でした。

・出版企画1(英語系、著者はわたしではありません):レッドオーシャン。競合がいなければヒットすると思うのですけどね。
・出版企画2(他分野):ブルーオーシャン。ただ、「一番手」はハイリスク・ハイリターンですので、どの出版社も嫌がります。というわけで、ふつうの戦略を提案しました。
・出版企画3(英語系):需要がかなりあって競合がいないので、ヒットするとは思いますが、執筆の手間が異常にかかるのですよね……。

あとは企画会議に通るかどうか、です。
ちなみに、遅い時間でしたので、編集者に悪くて、はやめに切り上げようと思っていましたが、結局、2時間弱かかってしまいました。

posted by pugu at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2013年05月11日

出版の打ち合わせ

次の出版が決まったのですが、今日は、その件で打ち合わせをしました。場所は高田馬場駅近くのカフェでした。
当分、忙しくなりそうです。
ちなみに、今回の出版は、あまりに偶然に決まりました。運命なのでしょうかね。

高田馬場駅

posted by pugu at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2013年04月21日

「ゼロから始める!大人のための中学英語(高橋書店)」が発売

「ゼロから始める!大人のための中学英語(高橋書店)」の見本が届きました。

ゼロから始める!大人のための中学英語1

本の中身です。

ゼロから始める!大人のための中学英語2

イラスト、デザインともに可愛いですよね。

ゼロから始める!大人のための中学英語3

というわけで、今回の本ですが、薄いですが、中学英語のポイントがギュッと濃縮されています。
中学英語の総復習には最適の参考書です。
わたしの他の著書の「基本にカエル英語の本」「もう一度中学英語」「眺めてわかる英語の本」の読者に特にお勧めの一冊です(復習に最適ですから)。

■Amazonからの購入
ゼロから始める!大人のための中学英語(高橋書店)

posted by pugu at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年09月28日

出版の打ち合わせ

昨日、高橋書店にて打ち合わせがありました。
出版社との打ち合わせのときにいつも感じるのが「出版社によって、進行の仕方が違う」ということ。
社風がそのまま反映されているのですかね。
ただ、執筆がはじまると、たいてい、「ダメだしされながら方向性をすり合わせていく」「方向性が定まれば、原稿を書き上げて送信」「初校で、構成上、空白になったところを中心に加筆」「再校と念校で確認」という流れで、今まで付き合いがあった出版社はすべて、ほぼ同じでしたけどね。

というわけで、今回の執筆ですが、元々メルマガにて「これは売れる!」と書いていた出版企画だけに、気合が入っています。
もちろん、今までの著書とはカラーが違います。
2013年4月発刊予定とのことなのでまだまだ先ですが、出版されれば、ぜひ手にとってみてください。

高橋書店

posted by pugu at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年05月21日

日本経済新聞(朝刊)

著書の「あなたの文章が<みるみる>わかりやすくなる本(日本実業出版社)」ですが、日本経済新聞(朝刊)の広告欄に掲載されたようです。

日本経済新聞(朝刊)

「わかりやすい文章」を書く「6つの技」を掲載していますので、書店で見かけたら、ぜひ、手にとってくださいね。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本

posted by pugu at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年05月18日

売れ筋ランキング23位

著書の「あなたの文章が〈みるみる〉わかりやすくなる本」ですが、日本実業出版社さんの売れ筋ランキング(週間)で、23位にランクイン!
4600冊ある日本実業出版社さんの本の中で、23位です。

日本実業出版社さんの売れ筋ランキング(週間)

でも、弊社「ロングセラー」じゃないんですけどね。発売したばかりですし。

・・・いや、将来、ロングセラーになるってことでしょう。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本

posted by pugu at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年05月09日

著書の発売日!

「あなたの文章が みるみる わかりやすくなる本」の発売日に、書店を巡りました(といっても、2店舗だけですが・・・)。

まずは、ジュンク堂(池袋店)。

池袋ジュンク堂

次に、丸善(丸の内本店)。

丸善丸の内本店

大型書店にはあると思いますが、もし無い場合は、注文してくださいね。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本

posted by pugu at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動