2012年06月20日

尻こすり坂通り

YRP野比駅も、ネーミングセンス、すごいなと思いますが、「尻こすり坂通り」って。

尻こすり坂通り

客:「もしもし」
店員:「はい、ガスト、尻こすり坂通り店の田中です」

こういう電話をしているんですかね。

2008年06月05日

トゲトゲ

テレビ番組で「トゲトゲ」の話がやっていました。トゲが生えた虫なので「トゲトゲ」という名前をつけたのだそうですが・・・

ある日、トゲトゲの変種が発見されたそうです。それが、なんと「トゲがない」とのこと。

そこで、その変種には「トゲなしトゲトゲ」と命名されたそうです(笑)

そして、時が流れて、ある日。今度は「トゲなしトゲトゲ」の変種が見つかったそうです。それが、なんと「トゲがある」変種とのこと。

そこで、その変種には「トゲありトゲなしトゲトゲ」と命名されたそうです(笑)

この話は噂だそうですが、「場当たり的に名前をつけていたので」、このようなことが起きたんでしょうね。

つまり、「事前の計画を立てることが重要」ということですよね。

2008年05月31日

手相の真実!?

私は手相を見てもらったことはないのですが、テレビで見ていると、ものすごく「金運」がいいんだそうです。

「ここに、この線があると、金持ちになる!」というのは、大抵あります。

しかし、この手相、実は裏!?があるそうです。
※)別のテレビ番組でやっていました。記憶があやふやなので、間違えているかもしれません。

---------------------------------
・手相は大昔から続いている
・昔は「金持ち=太っている」という構図だった
・なので「太っている人に見られる手相=金持ち」というのが、お金に関する手相の真実(あくまで一説)
・つまり、お金持ちの手相の人は、心筋梗塞、糖尿病など、「太っている人がよくかかる病気」のリスクがある
---------------------------------

・・・ダイエットしないと。

食べる量を減らすことができたのですが、「86キロ→82キロ」でストップしてしまいました。
posted by pugu at 20:19| ・雑談のときに使えるネタ

2008年04月03日

目を覚まして集中する方法

多分、テレビで見たと思うのですが・・・

眠くなって、作業効率が悪くなってきたとき、ボールペンの芯のような「とがったもの」を目の近くにもってきて、じっと見ると、目が覚めて、集中力が出て来るそうです。

想像するだけで、ゾッとして、目が覚めませんか?
posted by pugu at 23:35| ・雑談のときに使えるネタ

2008年03月13日

アクセス解析をみていると・・・

アクセス解析をみていると、「面白いキーワード」で検索している人、いますよね。

特に、H系は、かなり笑えます(その人の性癖なので、笑ってはいけないんでしょうけどね)。
※)ちなみに、H系のキーワードは、色々なサイトでかかります。特に育児サイトは、H系のキーワードでかかることが多いです。

今日、見かけたのが以下。

「育てる 掃除 夫」

「掃除する夫に育てる方法」を知りたかったのでしょうか。
ほんと、不思議なキーワードで検索している人には、癒されます。
posted by pugu at 19:54| ・雑談のときに使えるネタ

2008年03月05日

人生が変わる1分間の深イイ話

※)「人生が変わる1分間の深イイ話」で放映されていた話です。

-------------------------------------
◆人生を「時計」で、たとえてみよう!
※)一生を「60年=60分」としているようです。
-------------------------------------

私の年は33歳。
なので、時計でいう「33分の位置」にいるわけですよね。人生の半分が過ぎたわけです。

-------------------------------------
◆人生を「60分ドラマ」で、たとえてみよう!
-------------------------------------

ドラマを見ていると、10分くらいでは、訳がわからず話が進んでいって、30〜40分くらいから、話が急展開。50分になると、オチですよね。

これを人生でいうと、10歳のときは訳がわからず年を取っていって、30〜40歳で、人生が急激に変化(ここで勝負が決まる)。50歳になると、人生は変えられない・・・

皆さんは、時計のどの位置にいますか?

私は今、ちょうど、勝負の分かれ目のようです。
posted by pugu at 19:39| ・雑談のときに使えるネタ

2007年12月21日

93.75%の確率で「10万円」稼ぐ方法(マーチン・ゲールの法則)

「93.75%の確率で、10万円稼ぐ方法」って、まるで情報商材のようなタイトルですが(笑)、数学的な裏づけがあります(あるようにみえるだけですが)。

■取引1回目

どのような方法かというと、FXで、どの通貨でもいいですし、ショート(売り)でもロング(買い)でもいいので、とにかくポジションを持ってください。
※)ただし、自己資金10万円で、レバレッジ100倍(笑)
※)ここでは、わかりやすいように「ドル/円」で、「ロング」で書きます。

そして、「1円/ドル」分だけ、上がるか下がるかすれば決済してください。
※)つまり、上がれば「+10万円」で、下がれば「−10万円」ですよね。

もし、1円/ドルだけ上がれば、無事、「10万円ゲット」じゃないですか。つまり、取引1回目で、10万円儲かるわけです(ここで取引終了)。

でも、もし、下がって損すれば……取引2回目へ。

■取引2回目

次は、レバレッジはそのままで、自己資金だけを倍にして(つまり20万円)、先ほどと全く同じように取引をしてください。

もし、1円/ドルだけ上がれば、無事、「20万円ゲット」です。この儲けから、先ほどの「10万円の損(1回目の損)」をひけば、「10万円ゲット」です(ここで取引終了)。

でも、もし、また下がって損すれば……取引3回目へ。

■取引3回目

次も、レバレッジはそのままで、自己資金を更に倍にして(つまり40万円)、先ほどと全く同じように取引をしてください。

もし、1円/ドルだけ上がれば、無事、「40万円ゲット」です。先ほどの「10万円(1回目の損)+20万円(2回目の損)」をひけば、「10万円ゲット」です。つまり、取引3回目で、10万円儲かるわけですね(ここで取引終了)。

でも、もし、また下がって損すれば……取引4回目へ。

■取引4回目

次も、レバレッジはそのままで、自己資金を更に倍にして(つまり80万円)、先ほどと全く同じように取引をしてください。

もし、1円/ドルだけ上がれば、無事、「80万円ゲット」です。先ほどの「10万円(1回目の損)+20万円(2回目の損)+40万円の損(3回目の損)」をひけば、「10万円ゲット」です。つまり、取引4回目で、10万円儲かるわけですね(ここで取引終了)。

でも、もし、また下がって損することは……ほとんどありません。というのも、失敗する確率は、わずか「6.25%」だからです。

つまり、取引4回目で、無事、10万円ゲットできる確率は93.75%の確率」なのです。
※)しかも、取引4回まできても、必要な資金は、150万円!

--------------------------------

その理屈を書くと、このようになります。
為替は上がるか下がるかの確率2分の1です。
だから、失敗する確率は以下のようになります。

1回目に失敗する確率は、2分の1
2回目に失敗する確率は、2分の1
3回目に失敗する確率は、2分の1
4回目に失敗する確率は、2分の1

つまり、4回連続で失敗する確率は、2分の1を4回かけて、16分の1。
わずか「6.25%」です。
つまり、4回もすれば「93.75%の確率で成功」になるわけですね。
実際は、スプレッドや手数料があるので、理論値どおりにはなりませんが、高確率で成功しそうな雰囲気ですよね。
この話は以前、テレビで「競馬で確実に当てる方法」として紹介されていましたし、今日もテレビで「ルーレットで確実に勝てる方法」として紹介されていました。
有名な法則のようですね(マーチン・ゲールの法則というそうです)。

ただし――。

念のために書くと、そもそも確率とは無限大に近づくとそうなるだけという話です。
どういうことでしょうか。たとえば、コインを投げて表と裏のどちらがでるのかを考えてみます。
「表(もしくは裏)」になる確率は2分の1です。
だから、「表」「表」「表」と続くと、(上記の計算を利用して)次は、93.75%の確率で「裏」がでると思いきや、実際は「裏」がくるかどうかわかりません。
なぜなら、コインを無限大の回数、投げないと「表(もしくは裏)」がでる確率が2分の1にならないためです。
コレ、いわゆる、ギャンブラーの誤謬というやつです。
だから、この手法で投資しないでくださいね。

ちなみに、私は就職活動のとき、関西にいたくて、面接官(人事)に「配属は関西にしてください」と念を押したところ「99%、関西にしてやる!」といわれました。
が、気が付けば、勤務地は東京でした(笑)