2012年05月09日

著書の発売日!

「あなたの文章が みるみる わかりやすくなる本」の発売日に、書店を巡りました(といっても、2店舗だけですが・・・)。

まずは、ジュンク堂(池袋店)。

池袋ジュンク堂

次に、丸善(丸の内本店)。

丸善丸の内本店

大型書店にはあると思いますが、もし無い場合は、注文してくださいね。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本

posted by pugu at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年05月07日

「あなたの文章が みるみる わかりやすくなる本」が発売!

ついに、明日「あなたの文章が みるみる わかりやすくなる本(石崎秀穂、日本実業出版社)」が発売されます。
大手の書店だと、明日から棚に並べられはじめるのではないでしょうか(amazonでは、すでに注文できるようですが)。
どのような本なのかというと、以前、記事にしましたので(参照:あなたの文章が〈みるみる〉わかりやすくなる本 )、今回は、どのようなレイアウトなのか等です。

というわけで、まずは、表紙から。
爽やかな表紙ですよね。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本(表紙)

ページを開くと以下のような感じです。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本(中身1)

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本(中身2)

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本(中身3)

図やイラストが入っていますし、「例文(悪文)→改善する方法の解説→改善例」の構成なので、わかりやすいのではないでしょうか。
・・・というより、わかりやすくする方法を説く本なのに、わかりにくいはずがないですよね(笑)

というわけで、明日には全国の大型書店には並びはじめますので、ぜひ、手にとって見てみてくださいね。

あなたの本が みるみる わかりやすくなる本

posted by pugu at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年04月15日

ハーバード流“NO”と言わせない交渉術(三笠書房)

ハーバード流“NO”と言わせない交渉術(三笠書房)は、前作の「ハーバード流交渉術(三笠書房)」の「実践編」です。
具体的に、かつ、詳細に、どのように交渉すべきかが掲載されています。
交渉相手や説得する相手が、「話のわかる人」(例:強弁を振るわない人など)ならば、絶大な威力を発揮すると思います。読んでおいて損はありません。たぶん。
ただ、かなり古い本で、本に掲載されている情報がすでに広まっているので、すでに知っていたり、実践したりしている内容もあると思いますが。
ちなみに、前作の「ハーバード流交渉術(三笠書房)」は、読みにくく、読んでいる最中、何度も気を失いかけましたが(笑)、こちら本は読みやすく、サクサク読み進めることができました。

ハーバード流“NO”と言わせない交渉術

posted by pugu at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書評

2012年04月12日

初校、再校、念校

原稿は、テキストやwordで作成します(編集者によって異なります)。
それを編集者に送信するまでが著者の役目。
原稿を送信してしまえば、あとは特段することはありません。
しばらくすると、「ゲラ」というものが郵送されてきます。ゲラって、皆さんが想像する原稿みたいなものです。

・初校
(納期との兼ね合いもありますが)まだこの時点では、本文がはみ出ていたり、図が欠けていたり、不完全な状態なことが多いです。
編集者の手が入っているので(文字数やページ数の調整、文体の修正、用語の統一などがありますので)、流れがおかしくなっていないか、間違えて修正されていないか、ゲラを見ながら確認します。
ここで、私が絶対にするのは、「一読者になって読むこと」です。
わかりにくい箇所があれば、ガンガンに修正していきます。
とはいえ、未だかつて大規模な修正はなかったので(当然、編集者もプロですから)、3時間もあれば、修正できてしまいます。
ちなみに、ゲラを修正するとき、「トル」など専門用語を使うようですが、私は気にせず修正しています。
大抵、1週間ほど猶予時間がありますが、早ければ後々の工程が楽になると思うので、特段の事情がない限り1〜3日で返送しています。

・再校
修正した部分がきちんと直っているか確かめます。ここでほぼ固まります(ほぼ、そのままの形で本になります)。再校のゲラは、ほとんど手がかからないので、1時間ほどで確認できてしまいます。なので、タイミング次第ですが、即、返送します。

・念校
念のために、ゲラを確認します。私は、誤字、脱字の確認くらいしかしませんので、再校と同じく1時間くらいで確認できてしまいます。

そして、本が発売されるというわけです。
ちなみに、他の著者が初校、再校、念校のとき、何をしているのか聞いたことがないので、あくまでこの記事は私に限った話ですので、あしからず。

posted by pugu at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年04月10日

あなたの文章が〈みるみる〉わかりやすくなる本

2013年5月8日に「あなたの文章が〈みるみる〉わかりやすくなる本(日本実業出版社)」を出版します。
どのような本なのかといえば、以下。

-------------
※)amazonの紹介文

◆うまく書けたと思うのに、「よくわからない」と指摘されたことはありませんか?

メール、報告書、ブログなど、文章を書く機会は多くありますが、苦手意識をもつ人は少なくないと思います。
自分ではうまく書けたつもりでも、「よくわからない」と指摘されたことがある人もいるでしょう。
本書は、文章を書くのが苦手な人に向けて、“伝わる文章”のコツをまとめた一冊です。

◆6つの技を使えば、“みるみる”わかりやすい文章になる!

著者は、英文法やSEOなど、さまざまなテーマの本を執筆しており、「わかりやすい」と好評です。
本書では、著者が文章を書く際に心がけている「6つの技」(削る、強弱をつける、並べる、
たとえる、読みやすくする、文を整える)の使い方を紹介します。
この6つの技を使えば、いつもの文章が“みるみる”わかりやすくなります。

◆豊富な例文をもとに、改善ポイントを丁寧に紹介!

本書の構成は、「例文」を挙げ、その「改善例」を示すというものです。
改善例を示すまでには、「なぜ、わかりやすくなるのか」という改善ポイントを丁寧に解説しますので、そのポイントさえ押さえれば、あらゆる文章に活用できます。
-------------

豊富な例題。
わかりやすい解説。
だから、この本を読めば、わかりやすい文章を書く秘訣がわかります。
メール、SNS、twitter、ブログ……これから、益々、文章を書く機会が増えるので、発売されれば、手にとって見てみてくださいね。

ちなみに、amazonで購入するのもいいですが、近くの書店で購入していただけると幸いです。

あなたの文章が〈みるみる〉わかりやすくなる本

posted by pugu at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年04月04日

ハーバード流交渉術(三笠書房)

仕事に関係した本は、色々と読んでいますが、久しぶりに書評を。
最近まで読んでいたのは「ハーバード流交渉術(三笠書房)」です。
要約すると「私は千円で買いたい」「僕は五千円で売りたい」という「立場」で交渉するのではなく、「お互いに得するには、どうすればいいんだろう」という感じで、一緒に問題を解決するスタンスで交渉すると、うまくいくという話です。そういうスタンスで交渉すると、様々な問題に直面しますが、その問題をどうやって解決すればいいのかも書かれています。

本の内容は置いておいて、とにかく眠かったです(笑)
何度も気を失いかけて、ようやく読破した・・・って言いたいところですが、まだ若干、ページ数が残っています(笑)
興味の度合いが低い本を読むと、こうなるんでしょうね。

ちなみに、この本を読んでいて思い出したのが、「ダイハード」。
ナカトミビルでしたっけ?
そこのエリート社員が、テロリストたちにまさしくハーバード流のような交渉をしようとしたら、一瞬で射殺。
皮肉っているんでしょうかね。
確かに、そう思わないこともないですが、知っておいて損はない交渉術だと思います。

ハーバード流交渉術

posted by pugu at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ・書評

2012年03月27日

初校ゲラ、カバーラフ

「あなたの文章がみるみるわかりやすくなる本(日本実業出版社)」ですが、初校ゲラ、カバーラフが届きました。
wordで作ったものが、「本」になるとどうなるのかわかる・・・それが初校ゲラです。
また「本」の表紙はどのようになるのかがわかる…それが、カバーラフです。
著書が10冊以上にもなると、さすがに、かつてのような猛烈な感動はないですが、それでもやはりテンションが上がります。
発売間近になれば、アップします。
それにしても、毎回、思うのが、デザイナーってスゴイってことです。
自分でウェブサイトを作ることがあるゆえに、余計にデザイナーの力量がわかります。
ほんと、わたしにも芸術的センスを分けてほしいです。

posted by pugu at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

基本にカエル英語の本(中国語版)

少し前に、「基本にカエル英語の本」の中国語版のカバー(写真)が届きました。
カバーには、ケロ蔵とピョン太郎が沢山いましたよ。
中国語はチンプンカンプンなので、何が書かれているのかわかりませんが、中国での反応が楽しみです。
海外印税は微々たるものですが、海外に自分の著書がいくって思うと感動しますね。

posted by pugu at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年02月23日

NHK英語テキスト2012(速報ガイド)

今年も、「NHK英語テキスト2012(速報ガイド)」の時期がきました。

NHK英語テキスト2012(速報ガイド)

表紙を捲ったら、すぐのページに著書の「基本にカエル英語の本」の広告があります。

基本にカエル英語の本

というわけで、書店に立ち寄れば、「NHK英語テキスト2012(速報ガイド)」を見てくださいね。NHKのコーナーに置いてあります。「NHK英語テキスト2012(速報ガイド)」は「無料」なので、そのまま持ち帰ってもOKです。
ただ、今の時期限定ですので、お早め目に。

posted by pugu at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年02月17日

「基本にカエル英語の本(レベル2)」が増刷

「基本にカエル英語の本(レベル2)」の増刷が決まりました。
これで、シリーズ6万5千部を突破しました。
担当の編集者さんに「シリーズ10万部を目指したいものですね」と言っていましたが、2007年の発売から、毎年増刷していますので、シリーズ10万部も夢じゃなくなってきましたね。
これも皆様のお陰です。有難うございます!

基本にカエル英語の本〜レベル2

2012年02月14日

日本実業出版社へ

今日は打ち合わせ。
というわけで、少し早めに家を出て、カフェで執筆しました。
ずっと家に篭って執筆していたので、なんか新鮮でしたよ。

カフェ

そして、本郷三丁目へ。

本郷三丁目

久しぶりに電車に乗ったからなのかわかりませんが、打ち合わせの後、無性にお腹が減ったので、そのまま帰宅しました。

ちなみに、今回は「わかりやすい文章を書く方法」の本です。
わかりやすい文を書く編集者と制作します。
私の代表作になる予感です。
4月発刊もしくは5月発刊になります。

posted by pugu at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ・執筆活動

2012年01月14日

「333」型の雲〜ネット時代のプロモーション

東京で「333」型の雲が流れていたんですが、実は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のプロモーションだったそうです。

プロモーションイベント

「つられた人たちが、twitterやfacebookなどでつぶやく」→「話題になる」→「謎解きのニュースを流す」→「謎解きをつぶやく」→「映画の宣伝になる」

スゴイ、アイデアですね。
twitterは特にブログ以上に簡単に情報発信できたりするので、こういうプロモーションがより効果をあげるようになっているんですね。
posted by pugu at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お仕事日記

お客が入っていなくても、なぜあの店はやっていけるのか

「東京23区、月10万円以内のテナント料で、小さな飲食店を経営している人がいる」と聞いたんですよ。
信じられなくて、ググってみたところ、以下の条件を発見。

・月5万円
・銀座
・4年間限定(定期借地)
・スケルトン物件。現状回復義務はない
・ただ、狭い(記憶では30平米)

もっとも内装や保証金などで1000万円くらいのお金がかかるので、気軽に始めることはできませんが、「あの店、客が入っていないけど、なんで、あんなに長く続くんだろう」と疑問だった謎が氷解。
雑貨屋とかだと、内装費も少なくて済むでしょうから、初期投資さえクリアーすれば、その後は月10万円程度のテナント料ならば趣味として、客が入らなくても経営を続けることができるんでしょうね。多分。
posted by pugu at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お仕事日記

2012年01月13日

文章は奥が深い

研究所時代は報告書、退職後はウェブサイト、メルマガ、本の執筆……色々な文章を作成してきましたが、文章って、色々な目的があるんだなーって思いました。
たとえば、以下。

■わかりやすい文章
要は「伝わる文章」ってことでしょうか。

■人を惹きつける文章
会話が得意な人のブログやメルマガでしょうか。
一昔前だと、空行をうまく使っていましたよね。

(例)
ついにアレを買いました。



そうです。
アレです。

アレとは何か……

■売れる文章
売り上げにつながる文章ですね。

(例)医学博士、医者がこぞって推奨!すでに1万人が利用して、99パーセントの人が「わずか3日で5キロやせた」と絶賛されているダイエットの極意(←色々と詰め込みすぎで、逆に怪しいですよね(笑)

■情緒あふれる文章
小説みたいな文章でしょうか。

(例)単に「配管の様子」を描写しているだけなのに、「脈動する血管のように張り巡らされた……(省略)……」のような感じにして、おどろおどろしさを出す感じでしょうか。

■網羅的、論理的、洗練された文章
法律などの文章でしょうか。「抜け」がなくて、論理的で、一文にできるだけ詰め込まれた文章でしょうか。

(例)株式とは、細分化された割合的単位をとる株式会社の社員たる地位(←こんな感じの定義だったと思いますが、間違えているかもしれません)

■SEO向けの文章(笑)
言わずとしれたSEO向けの文章です(笑)Googleではそんなに重要じゃないですが、それでも不自然な文章になることが多いですよね。

■端的で論理的な文章
仕事のメールなどでしょうか。

まだまだありますが、この辺で。
ほんと思うのが、「文章を書く目的」をハッキリさせてから書くのが一番だなと。
だって、たいてい、共存できませんから。
具体的に、どれだけ緻密で洗練された上手な文章を書くことができても、ターゲットに伝わらなかったり、売れる文章の要素がなかったりすれば売れないですからね。
ただ、文章って、何かを伝えるわけなので、「わかりやすさ」を出せる技術はベースに必要なんですが。
posted by pugu at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お仕事日記

2011年12月15日

「基本にカエル英語の本〜レベル3」が増刷

「基本にカエル英語の本〜レベル3」の増刷が決まりました。
つい先日、「もう一度、中学英語」の増刷が決まったばかりなので、嬉しいです。これも皆様のお陰です。有難うございます!

基本にカエル英語の本〜レベル3

2011年12月12日

「もう一度、中学英語」が増刷

「もう一度、中学英語(日本実業出版社)」は、発売1ヶ月で増刷したわけですが、この度、再び増刷しました。
「わかりやすさ」を追求した英文法の参考書なので、中学英語を学習しようと思っている人は、是非、一度、手にとってみてくださいね。

もう一度 中学英語

2011年11月02日

日刊SPA!にて紹介

前に「週刊SPA!」にて掲載していただいた記事が「日刊SPA!」でも公開されています。無料で読むことができますので、気になる人は読んでみてくださいね。
ちなみに「人脈拡大」の記事です。
赤面性、あがり性、人間嫌いでも「人脈拡大」はできる

posted by pugu at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ・お仕事日記

2011年10月05日

「基本にカエル英語の本」の増刷の見本

「基本にカエル英語の本(レベル1)」の増刷につき、見本が届きました。

「基本にカエル英語の本」の見本

韓国でも増刷しているので、一緒に韓国語版の見本も届きました。

韓国語版(豪華版)の見本

これで、シリーズ6万部です。
まだまだ売れ続けているので、シリーズ10万部にも届きそうですね。

「基本にカエル英語の本(レベル1)」の7刷の見本

2011年09月21日

「粘り強さ」が成功の素

美容院で「クーリエ ジャポン」を読んでいると、最近は、「IQ」よりも「粘り強さ」が、「成功」と相関があると言われているとのこと。
つまり、一般的にはIQは「頭の良さ」の指標なので、「頭の良さという才能」よりも、「粘り強さ(努力をし続ける忍耐力)という才能」を持っている人の方が成功するということです。
確かに。
一回のチャレンジで「100」出せる才能よりも、一回のチャレンジで「10」しか出せなくても「1000回」チャンレンジする才能がある人の方がいいわけですから(結果「1万」になるわけですので)。
ちなみに、私は、女性に関しては「粘りゼロ」ですが(笑)、仕事に関しては、かなり、しつこい。
昔は、いろんなことがあり、「今に見てろ!」っていう怒りのパワーで、「成功するまで、絶対に、やめない」ってのを地でやっていました。
だから、「インターネット=Yahoo」と思っていた超アナログ人間だったのに、ネットで小さな成功を収め、「愛読書は週刊少年ジャンプ」なのに、10冊以上の本を出版できたのだと思います。
今は、いろんなことがあり、怒りという感情が激減して、怒りのパワーは枯渇していますが、「いつ死ぬかわからない人生を、楽しく生きるために頑張ろう」っていう感じで、これまた成功するまで諦めないですね。いや、むしろ、今は昔と違って、努力している過程も楽しいので、きっと、今の目標(夢)も叶うと思っています。

……ところで、ビジネスでは「結果がすべて」っていう風潮が蔓延しています。
でも、私は、「よく失敗していても、ドンくさくても、粘り強く努力している人」こそ、10年後、20年後、大きな成功を収めると思っています。むしろ、結果がすべてといいながら、短期の成果をあげて、威張っている人は、転落していくのだと思います。
だって、経営の神様のドラッガーも「百発百中は無理。失敗することもあるけど、長期、頑張ることが重要」って言っているわけですから。
----------
成果とは百発百中ではない。百発百中は曲芸である。成果とは、長期にわたって業績をもたらし続けることである。(P・F・ドラッカー)
----------
posted by pugu at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ・つぶやき

2011年09月15日

ダイエットの極意

30歳くらいまでは、ずっと70キロ。
痩せているときで68キロ、太っても74キロでした。
しかし、過去最大に太り、87キロへ…。
そこで、ダイエットを始めたのですが、なんと、74キロに戻りました。
あと、もう少し!

ダイエット
※)ちなみに、左の写真でも、大体、84キロくらいだったと思います。2005年頃のセミナー(一時期、TSUTAYAでDVDがレンタル化になったセミナー)が、過去最大だったと記憶しています。

というわけで、ダイエットの秘訣です。
一つ目は、「食欲」のコントロール。
そりゃ、ハードな運動をすれば痩せるでしょうが、運動で痩せれば、一生、運動し続けないといけないんですね。年をとって腰や膝が痛くなっても、運動…。そんなこと、少なくても私には無理です。
だから、食欲のコントロールが重要だと思うわけです。
でも、この食欲のコントロール、本当に難しいんですよね。
で、世間では「レコーディングダイエットすれば、どんだけ食べているのかわかって、ドン引きして、食欲も減退していく」って言われているので、私もやったことがありました。記録すればわかりますが、ほんと、太っている体型を維持するだけのカロリーを摂取していたんですよ。
ドン引きですね。
確かに一瞬、食欲が失せた気がしましたが、そもそもが大雑把なので、レコーディングしなくなり、元に戻りました(笑)
というわけで、いろんな食欲を抑える手を考えました。
なんか、長くなりそうなので、端的に書くと、「いろんなダイエット法の美味しいところだけをつまみ食い」でしょうか。「1つのダイエットを100パーセント、実践できなくても、いろんなダイエットを5パーセントずつやっていけばいいんじゃね?」っていう作戦です。
これがダイエットの秘訣の二つ目です。
この二つのダイエットの秘訣を端的にまとめれば以下。

■ローカロリーのものを取り入れる
「食欲を抑えるのは無理ならば、カロリーを抑えよ!」ってわけです。
完全にローカロリーのものにするのが理想ですが、私には無理でした。玄米を白米に混ぜて食べて、野菜を増やし、あとは夜にお腹がすけば、豆腐を食ってます。

■残す勇気
とあるスレンダーな女性がやっていたことで、「最後の一口をガマンすること」です。これを発展させて、ご飯を入れるとき、最後の一盛りをガマンしていました。残こすと、もったないと思い食べるのも、ダイエットには良くないですよね。
これをすると、ジワジワ、食欲が抑えられるようになってきます。

■17時以降は食べない。食欲が抑えられなくなればビールを飲む
「17時以降は食べない」ってのは、40歳を過ぎても、ダンディーな男性がやっていたことです。ただ、軌道に乗るまで、食欲は収まりませんし、起動に乗っても、やはり食欲が止らないときもあります。だから、私は食欲が出てきたら、ビールを飲んでいました。お腹が膨れるし、酔うので、そのまま寝てしまえるんですね。ちなみに、ビールって、太るイメージがありますが、つまみを食べるから太るだけであって、ビールだけでは太らないんですよね。ただ、酒びたりになって、一時期、アル中になりかけましたが(笑)
ちなみに、飲み会のときも徹底していて、よく一緒に飲む男性いわく「石崎さんが固形物を食べているのを見たことがない」とのこと。ほんと、17時以降は、食欲が出れば、お酒を飲んでいました。

■歩く
運動すると食欲も収まってきます。ハードな運動をするのが理想ですが、一生続けられません。なので、私は歩くようにしています。「徒歩圏内」といえば、「10分」くらいのようですが、私の徒歩圏内は40分です(笑)

■睡眠をとる
眠たいと食べ過ぎるという論文があるそうです。確かに、私自身、眠いときほど、食欲が増すので、できるだけ睡眠をとるようにしています。なので、ビールがうってつけだったわけです。

…まだあったと思いますが、この辺で。
試験対策で「解ける問題を確実に解く」というのと同じで、「いろんなダイエット法の中で確実にできるところを実践(特に食欲を抑える方法に着目)」というところでしょうか。
posted by pugu at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ・つぶやき